Person ヒトを知る!

その1.どこの大学?

  • 京都です。
  • 私も京都です。
  • 違う大学だよね、私は京都造形で。
  • 私は嵯峨芸術大学。
  • 僕は名古屋の学芸大学ってところです。ちょこちょこアドブレーンにもインターンに来てるっぽいです。2人はほかにどこ受けたの?東京の会社で。
  • 私は受けてないです。
  • そうだよね、関西にいると東京の会社はそんなに受けられなくない?
  • じゃあなんで逆に、アドブレーン受けたの?
  • 向こう(大阪)でいろいろ受けてて、「もう場所はどこでも」ってなったというか(笑)。
  • 誰か(社内に)先輩っているの?
  • いないです。
  • 私も大阪で受けてました。代理店は受けないで、ずっと制作会社やデザイン事務所を受けてました。制作する側にいたいなーと思って。本当は東京に来たかったので、「上京してやるぞ!」って意気込んでました(笑)。私のまわりは、大阪で就職する子が多かったんですけど。
  • 僕は名古屋と東京を半々位ですね。6:4ぐらいで受けて、4が東京かな。名古屋の方でも最終まで進んでたんですけど、アドブレーンの方が結果を早く出してもらえて、内定したので。

その2.“憧れの東京”?

  • 東京に出てきたかったです。
  • めちゃくちゃありました、東京行きたいって。何でもあるじゃないですか。広告やりたいってなったら、何でもすぐ見に行けるじゃないですか。岡山には、紙媒体の情報しかなかったんです。東京の人は一歩先行ってるんだろうなーって。キラキラしたイメージを持ってました。
  • 私は東京に出てくるつもりはなかったんです、最初。ずっと自宅から通えるところを探していたので。でもある時、偶然アドブレーンの求人票が来てて。先生に「ここ受けてみたら?」って言われて、とりあえず応募してみようかなって。(大阪で)最終までいってる会社があったんですけど、結果が全然来なくて、待ってる間にアドブレーンが全部決まったって感じです。

その3.デザイン業界のニシ/ヒガシ?

  • 僕は学生の時、名古屋でデザイナーの先生と関わってて、いろいろ展覧会とか見せてもらってたんですけど、内輪な感じにちょっと違和感があったんですよね。だから、ゆくゆくは実家に帰ったりするとしても、一回は外に出たいなと思っていて。まぁ東京も、内輪でやってるなーって感じはするんですけど、それぞれで交流はあるから。東京はいろんな人がいるし、いろんなグループがあるから、それが楽しいんですよね...え、なに?(笑)。
  • ちゃんと考えてる...さすが(笑)。
  • 人の数もそうですし、デザイナーの数が尋常じゃないし、その分仕事の数も違うんで。有名な仕事をやってるってなると、名古屋だと先生の知り合いとかそういう人ばっかりなんですよ。でも東京だと、有名で面白い仕事でも、やってる人を全然知らなかったりする。それが面白いですね。

その4.ふるさとに帰りたい?

  • そうですね、いつかは。死ぬまで東京っていうのはないと思います。こっちには修行のために出てきてるって感じなんで。
  • 私はまだそこまで考えられないです。ずっとこっちでも良いかなとも思います。
  • 全然帰るつもりはないです。来て間もないというのもあるど。まだ勉強したい。

その5.上京組よ、大志を抱け

  • 東京でかい、とは思いましたね。ここが東京か...みたいなのはありました(笑)。人はそんなに冷たくなかったです、思ったよりは。
  • 初めて新橋来た時に烏森口に出ちゃって、こえー!って(笑)。B1パネル担いで、就活で来てるのに。泊まってたホテルまで行くのも、こえー!って(笑)。
  • でも、実際来てみたら思っていたより順応できました。あの不安はなんだったんだろう、みたいな。東京の人は進んでる感じがあるから、自分が田舎の進んでない人みたいに思えて、すごく不安でした、東京の子についていけるかなっていう...劣等感で。最初Suicaとか使うのもちょっとドキドキしちゃって(笑)。
  • (笑)。
  • 私もそう思ってた、Suica買ったよー!って。
  • 岡山ではそんな電車使わないし...東京の人はみんな乗換とかスムーズにするからすごいなって。
  • いまだに(乗換案内の)アプリ使いますもん。
  • 使わないと出口までたどり着けない。
  • 帰れない。ここどこ?って。
  • 駅が近いですよね。車がなくても生きていける。実家は大阪なんですけど、コンビニへ行くのも車で山を下りなきゃいけないので。「またコンビニある!」って感じです(笑)。
  • 便利です。買い物とか。
  • 東京は仕事、実家に帰ったらゆっくりできるって感覚。名古屋とか、実家に帰ると、心が落ち着きます。東京に来ると切り替えられる。
  • 私は自分が東京にいるって気がまだしなくて、家に帰って、階段のぼってる時に「あー、私東京で暮らしてるんだ」って思う。
  • なんか、キュってなる。
  • ちょっと分かります。
  • 自分が一人暮らししてるんだって感じるのは、ティッシュとかのストックがなくなっている時。自分が買わなきゃないんだ、ってなる。
  • でも出身は関係なく、全然こっちでやれると思います。物怖じしないことはすごく大事だと思うんです。
  • 受けてみてから考えればいい。興味があるなら受けてみなよって思いますね。

その6.これからどうなりたい?

  • 自分の名前で仕事がしたいです。アドブレーンのデザイナーから、アドブレーンの山口に仕事を頼みたい、最終的には山口に頼みたい、ってなるといいなと思ってます。ほかには...六本木ヒルズとかに住んで下々のものたちを眺めたいです(笑)。
  • 1個でも自分の仕事ができて、それがうまくいけばいいなって。自分が作った広告を誰かが見た時に「この広告、おしゃれだけど、誰が作ったんだろう」って思って、名前を見てもらえたらいいなと思います。自分の作ったもので、人の気持ちを動かす、みたいな。
  • 今は必死なんですけど、せっかく好きなことを仕事にできているんだから楽しんでやりたいなと思います。技術が追いつかなくて、わからないことばかりで余裕がないので...。知らないことも多いので、これから成長していきたいです。
ページTOPへ